はるひ乃メソッド

とある不動産屋が思いつくことを気ままに書いてみた

不動産売却の話

ある日突然福岡県から200円を収めるよう不意打ちを受けた話

土地や建物(戸建やマンション)等の不動産を取得(贈与や購入)したときに必ず発生する税金があります。・契約書に貼付する「印紙税」 ・所有権を移転する際の「登録免許税」 ・不動産の取得者にもれなく課税される「不動産取得税」※この他に、贈与を受けた…

仲介手数料の仕組みを知っておこう!

仲介手数料とはどんなものなのか?宅地建物取引業者が媒介または代理を行い、不動産の売買・交換が成立した場合、依頼者から報酬を受け取ることが出来ます。この報酬のことを一般的に仲介手数料と呼びます。そしてこの報酬額については、契約よりも事前に媒…

認知症高齢者と成年後見制度のダメダメな関係

不動産は売れるときに売っとけ!成年後見制度には大きな落とし穴というか幾つかの障壁があります。家族信託(民事信託)などの制度を活用し、特に法定後見制度は出来る限り利用しなくても済む対策を講じるべきです。

不動産業界の闇「囲い込み」という悲しい愚行~その3

不動産業界の闇とも言われる「囲い込み」という行為についての記事その3。「両手仲介」をしたいがために行われるこの愚行の問題点とは何か?そもそも「両手仲介」自体は悪なのか?普段の実務を通して私なりに感じたことをぶっちゃけトークで書いてます。

不動産業界の闇「囲い込み」という悲しい愚行~その2

不動産業界の闇とも言われる「囲い込み」という行為についての記事その2。「両手仲介」をしたいがために行われるこの愚行の問題点とは何か?そもそも「両手仲介」自体は悪なのか?普段の実務を通して私なりに感じたことをぶっちゃけトークで書いてます。

不動産業界の闇「囲い込み」という悲しい愚行~その1

不動産業界の闇とも言われる「囲い込み」という行為についての記事その1。「両手仲介」をしたいがために行われるこの愚行の問題点とは何か?そもそも「両手仲介」自体は悪なのか?普段の実務を通して私なりに感じたことをぶっちゃけトークで書いてます。

レインズ(指定流通機構)とは何ぞや?

「レインズ(REINS)」もしくは「指定流通機構」という名称を初めて聞かれる方も多いと思います。普段の生活には全く関係のないシステムですから当然です。しかし、不動産売買を行う予定のある人なら、必ず覚えておいてほしい仕組みなのでぜひ読んでみてくだ…

不動産を売るとき「一般媒介契約」をおすすめしない理由

不動産売却の際に販売を依頼する不動産会社と結ぶ「媒介契約」。この媒介契約のうち、複数の不動産会社と契約可能な「一般媒介契約」という種類の契約がありますが、私はオススメいたしません。なぜなら売主さんが得するとは思えないからです。

不動産を売るときの「媒介契約」の種類と特徴

あなたが所有不動産を売りたいと思ったら、まず依頼する不動産会社を決めることから始めます。そして依頼する不動産会社が決まったっら、次にその不動産会社と「媒介契約」を締結する必要がありますが、この媒介契約は目的に応じて3種類用意されています。

失敗しない不動産一括査定サイトの利用方法と不動産会社選び

不動産の売却をお考えの方にとって不動産一括査定サイトはとても便利なサイトです。しかし、利用の仕方を誤ると嫌な思いをしたり、損をしてしまうことがあります。不動産売却を失敗しないために上手なサイトの使い方を解説していきます。

不動産売るときの売主さん共通のお悩み

転勤や住み替えで不要になった住まいや土地など所有不動産を売ろうと決めたはいいが・・・。不動産売却を検討されていらっしゃる方には様々な不安や悩みが生じます。多くの売主さんが共通してお持ちになるお悩みを解決する方法を紹介します。

「仲介」と「買取」の違いをしっかり把握することがはじめの一歩

不動産売買の「仲介」と「買取」の違いについて説明します。これは絶対書いておきたい題材なんです。というのも、この2つを微妙に混同されていらっしゃる方が非常に多いんですっ! この違いの理解が薄いと損をしちゃうこともあるんで要注意です。

はるひ乃メソッド

「はるひ乃不動産」のスタンス(メソッド)を語ってみたいと思います。いきなりベタな表現ですが、はるひ乃不動産では、土地や建物の売却仲介・買取再販といった事業を通して、少しでも多くの方々の「豊かな暮らし」の実現を目指しております。

不動産をこれから売りたいと考えられている方へお役に立てるかもしれないブログ内のリンク集

掲載している記事の内容は、不動産の売却を考えられている方が、まずは何よりも優先して把握しておいてもらいたい語句の説明や、最低限の知識をピンポイントで解説しています。内容は、解説・ガイドというよりは、不動産屋視点のぶっちゃけトークです。

Haruhino Method since 2019