はるひ乃メソッド

とある不動産屋が思いつくことを気ままに書いてみた

はるひ乃メソッド

 

来ちゃったの?ありがとう!せっかくだから、ゆっくりしていってね!

 

 

 

「はるひ乃不動産」のスタンス(メソッド)を語ってみたいと思います。

f:id:haruhinoboss:20190301105720j:plain

 

  

 

 

あなたのお役に立つために

 

いきなりベタな見出しでスタートしますが、ぶっちゃけ本音トークですよ!

 

はるひ乃不動産では、土地や建物の売却仲介・買取再販といった事業を通して、少しでも多くの方々の「豊かな暮らし」の実現を目指しております。

 

ひとくちに豊かな暮らしと言っても、家族や友人との時間であったり、趣味娯楽であったり、人それぞれの尺度があり、様々な形がありますよね。だけど、豊かな暮らし実現に共通して言える確かなことは、

「無理のない支払いで、したい暮らし(生き方)を手に入れる」ことでしょう。

人生において、思い描いた「したい暮らし」の実現ほど幸せなことはありません。しかし、そのために誰かを犠牲にしたり、経済的破綻を招いてしまっては・・・それは、豊かな暮らしとは言えませんよね。

 

繰り返しますが、私が目指すのはあなたの「したい暮らし」を実現化することです。

家を買いたいとご相談に来られても、いきなり物件の紹介はいたしません。まず最初に、ご要望と状況をしっかりお聞かせいただいた上で、あなたご自身が目指す「したい暮らし」を一緒に明確化し共有させていただき、実現のために必要な「予算」「立地」「建物」の計画を立てるところから始めます。

 

家を売りたいとご相談されても本当に売る必要があるのか、まずは一緒に考えます。場合によっては売らずに所有されたまま、もしくは賃貸にした方が良いケースもあります。結果的に売ることを選択された場合は、しっかりとご提案しミスマッチを防ぎます。

売却の場合は「高く売りたい」「早く売りたい」「内密に売りたい」といった売り方のご要望によって、どういった手法がベストなのかしっかりと見極めないと満足のいく結果には結び付きません。

 

つまりは、私があなたのことを知らないと何のお役にも立てないのです。

 

ですから、色んなことをとことんヒアリングさせて頂きます。

ご家族や親御さんのこと、お勤め先のこと、出身地や趣味趣向、そして何よりも大事なお金のこと。年収・貯蓄・現在の借入の有無・住宅ローンの利用等、根掘り葉掘りお訊ねします。

 

深い関係でもない私に、財布の中身を明かすことは抵抗あるのが普通でしょう。しかし、無理のある資金計画は後々経済的破綻につながります。不動産売買の取引きは、大金が動きます。お金の話をうやむやにして進めることは出来ません。

 

このようなヒアリング作業抜きで、住まいの購入も売却もお手伝いは出来ません。そして「したい暮らし」のイメージの明確化が、スムーズな「条件整理」へとつながります。この「条件整理」が、失敗しない不動産売買のポイントなんです。

 

例えれば、こういうこと

 

例えば「広めの庭が欲しい」と言われても、何の目的のスペースなのか分からないと曖昧ですよね?
あなたが思う広さと私が想像する広さに隔たりがあると、的外れな物件ばかりご紹介するようになり、あなたからは「こいつ使えないなあ」と思われ、私は「この人本当に買う気あるんかな?」と不安になり疎遠になってしまいます。

こ、これは・・・お互い不幸ですよねぇ…('A`)

 

「広めの庭」とは、息子さんとキャッチボールが出来る程度の広さが必要なのか、ゴルフ好きのご主人がドライバーの素振りが出来る程度のスペースが欲しいのか。

 

ちなみにキャッチボールできるスペースなら、18m×3mとして54㎡(約16坪)程度の広さが必要で、ドライバーの素振りなら4m×4mとして16㎡(約5坪)程度あればじゅうぶんかな?

 

両者では約10坪もの違いが生まれます。
今まで漠然と50坪の土地を探していたけど、なかか予算に合う物件に出会えないという方でも、実は40坪の土地でじゅうぶんしたい暮らしが実現出来るね、ってことになると予算内で良い土地に巡り合える可能性がぐっと高まります。

10坪違うと相場が50万円/坪のエリアだと500万円も変わってきますからね!

 

このように一口に広めの庭と言っても、理由と目的によってずいぶん変わってきます。だからこそ、あなたが新しい住居に求めるもの(したい暮らし)を共有したいのです。

例として土地の広さを書きましたが、他にも最寄り駅からの距離や家の間取り、月々のローンの支払額、お子さんの学校区などがあり、こういったことをきちんと整理していき、優先順位を決めることによりあなたの新居(したい暮らし)に必要な条件が明確になります。

 

不動産売買で失敗しないために

 

ここからが重要ですが、きちんとした条件整理が出来る段階までになると不動産会社に頼らずにあなた自身の判断で物件の良し悪しが出来るようになります。

※どうしても物件ごとに特有のリスクはあるので、その辺りは担当の不動産屋さんのアドバイスが必要にはなります。

 

これが私のミッションなんです。

 

あなた自身の判断で物件を買って(売って)いただくようになることが、私の最終目的なんです。不動産会社まかせにしないことが、失敗しない不動産売買の最大のコツなんです。その目的達成のために情報共有は肝心であり、不完全だと実現できないんです。

 

そして、ぶっちゃけ生意気なことを言いますが、情報共有が出来ない方とは一緒に不動産売買の取引きはやれません。最低限の情報(名前と連絡先)しか教えてくれず「情報だけ下さい」という方は少なからずいらっしゃいます。

不動産会社の中には、強引でしつこ~い営業を行う人も実際にいますから、警戒する気持ちも分からないでもありません…('A`)


ですが、不動産売買は高額な取引きです。

 

失敗しない売買取引を実現するには、お互いを信用しあえる関係が大前提です。

 

 

しかし、できんことはできん!、無理なもんは無理!と、正直に申し上げます。その場合は「知~らないっ」ではなく、専門のプロをご紹介いたします。

例えば、苦手な賃貸や管理などは無理して引き受けるよりも、得意な同業者をご紹介します。無理してガッカリされるよりも、良い人を紹介して喜ばれる方が次につながりますからねっ!

 

ざっくりまとめると。

 

私が皆様にご提供するサービスは、家を「売る」ことではなく、家の「売り方」「買い方」の知識やノウハウをお伝えし実践することです。

 

そんなもん要らんから「不動産屋は不動産屋らしく物件情報だけ持って来い 」と、おっしゃられる方とはお取引しません。

お客様とは、お互い対等に信頼し合える立場で、相手を尊重できる関係を築きたいと常々考えております。

 

 

このような弊社のスタンス・・・はるひ乃メソッドをご理解された上で、ご相談などいただけると幸いです。

 

 

今回はここまで。今日という日があなたにとって良い1日でありますように。

 

Haruhino Method since 2019